PERIO歯周病

歯周病は、世界で最も蔓延している感染症です

歯周病とは

歯周病は細菌によって引き起こされる炎症により、歯を支えている骨が減ってしまう病気です。歯周病の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊です。プラークは1mgに対して1億以上の細菌がひしめいています。また、プラークはバイオフィルムとも呼ばれ、細菌同士が集まりあって歯についています。そのため薬品を使用しても簡単に洗い流すことができません。この歯の表面についているバイオフィルムは新たな細菌を次々に巻き込み大きくなり、悪性度が増していきます。

重度の歯周病でも治療できる可能性があります

日本人が歯を失う原因でもっとも多いのが歯周病です。歯周病は世界で最も蔓延している感染症です。
2001年にはギネスブックにも掲載されました。初期の歯周病は自覚症状がほとんどないため、本人が気づかないうちに病気が進行してしまいます。
自覚症状がないものを含めると、日本人の成人のうち、約80%以上が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計があります。
最終的には歯が抜けてしまうところまで進んでしまいます。

私達は重度に進行した歯周病も数多く治療してきました。あきらめずにご相談してください。

 

歯周病と全身疾患

歯周病は、全身の病気(心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など)にも関わりがあることがわかっています。
現在、口腔内の健康が全身の健康に影響を与えるという研究データが多く出ています。 歯周病は、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などのリスクを上げ、 歯の本数が減る事によって認知症や肺炎に罹患するリスクが上がると報告されています。

当院の歯周病治療の特徴

経験豊富なドクター

当院では、今まで歯を保存することが難しい状態まで進行した歯周病の治療も数多く行ってきました。
他院にて治療が難しいと言われた患者さんも諦めず御相談いただけたらと思います。

スタッフ紹介を見る

最新の医療機器

歯周病治療は、歯石を徹底的に除去する治療です。少しでも歯石を取り残してしまうと歯周病は治りません。 歯周病の原因である歯石を完全に除去することは非常に難しいのです。

肉眼では歯石を取り残す可能性が非常に高いため、 当院ではマイクロスコープや高倍率ルーペを使用し歯周病治療を行っていきます。1本でも多くの歯を残すため、重大な全身疾患を予防するために、歯周病をしっかりと治療することは本当に重要なのです。

医療機器を見る

歯肉退縮について

歯肉退縮の原因

歯肉退縮の原因としましては、歯周病、咬合、ブラッシング圧や加齢による唾液量の低下、歯の位置異常、歯肉の厚みなどの問題が考えられます。歯肉が下がってしまうと、本来歯肉によって覆われている歯根が露出してしまいます。歯肉が下がってしまった部位は知覚過敏を伴うことがあります。また、非常に虫歯になりやすいため注意しなくてはいけません。
歯肉が下がってしまった部位は歯肉移植により治療を行うことが最善の方法になります。

当院ではマイクロスコープを使用し、より低侵襲で痛みの少ない歯肉移植を行っております。

歯周病治療の症例

①症例:歯周病

歯茎から膿が出てることを主訴に来院。検査の結果全顎的に歯周病と診断。
患者さまと話し合いの結果、マイクロスコープを使用した歯周病治療を行うことになりました。約1年後、膿が出てる歯はなくなりました。歯周病の再発をさせないために定期的なメインテナンスを行うことに患者さんは同意されました。

主訴歯茎から膿がでている
治療期間1年
治療内容マイクロスコープを使用した歯周病治療24本

②症例:歯周病

歯茎から出血することを主訴に来院。検査の結果全顎的に歯周病と診断。
患者さまと話し合いの結果、マイクロスコープを使用した歯周病治療を行うことになりました。約半年後、歯茎から出血するところはなくなりました。歯周病の再発をさせないために定期的なメインテナンスを行うことに患者さんは同意されました。

主訴歯茎から出血する
治療期間6ヶ月
治療内容マイクロスコープを使用した歯周病治療28本

③症例:歯周病

前歯に隙間があいてきている事を主訴に来院されました。検査の結果、歯周病と診断。
歯を残したいと患者さまの強い希望により、マイクロスコープを使用した歯周病治療を行いました。レントゲン写真から赤い矢印部に骨様組織の再生が認められました。

主訴歯周病を治したい
治療期間3年
治療内容マイクロスコープを使用した歯周病治療6本

④症例:歯周病

歯が揺れてきている事を主訴に来院されました。検査の結果、歯周病と診断。
歯を残したいと患者さまの強い希望により、マイクロスコープを使用した歯周病治療を行いました。レントゲン写真から赤い矢印部に骨様組織の再生が認められました。

主訴歯周病を治したい
治療期間2年
治療内容マイクロスコープを使用した歯周病治療3本

歯肉退縮治療の症例

①症例:歯肉退縮

冷たいものがしみる事を主訴に来院されました。検査の結果、歯肉退縮のため冷たいものがしみていると診断。
治療方針として歯肉移植を行い改善することに決定。赤い矢印部の歯肉の再生が認められました。

主訴冷たいものがしみる
治療期間3ヶ月
治療内容根面被覆3本

②症例:歯肉退縮

だんだん歯茎が痩せてきている事を主訴に来院されました。検査の結果、歯肉退縮と診断。
治療方針として歯肉移植を行い改善することに決定。赤い矢印部の歯肉の再生が認められました。

主訴歯茎が痩せてきた気がする
治療期間2ヶ月
治療内容根面被覆(マイクロサージェリー)2本
診療時間
09:30 - 13:30
14:30 - 18:30
ACCESS
〒060-0051 札幌市中央区北2条西1丁目1 マルイト札幌ビル2F(ホテルモントレエーデルホフ札幌直結) JR札幌駅 徒歩7分
東豊線地下鉄 さっぽろ駅から徒歩2分